歴史

AL CAPPELLO ROSSO

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

歴史

Al Cappello Rosso/ アル カペッロ ロッソ ホテル、それはボローニャに600年を越す歴史を持ち、おもてなしを使命として誕生しました。

古い文献にその名が見つかるのは1375年に遡り、また1712年にはボローニャの著名な歴史家であるG.M. Mitelliのボローニャに於けるすべての居酒屋めぐりのゲームの中でカペッロ ロッソは、"ラードののった美味しいヤマウズラのローストのクロステイーニ添え"を顧客に提供する居酒屋として記録されています。
創業以来、街の中心かつ静かな通りであるFusari通りに位置し、ホテルはボローニャの歴史的に最も古いおもてなしの場所として未だに健在しています。

当時この宿はボローニャのNicolò Albergati司教がボローニャを通過する城壁の外(当時はマジョーレ広場に位置していた)から来るユダヤ人がカペルロッソを唯一の宿泊所として利用出来るよう確保、保護する目的で建てられました。

建造のためにはFusari通りに存在していた小屋小屋が取り壊されました。
ボローニャは当時から滞在者として登録された多くの"一時的に立ち寄るよそ者"が頻繁に往来しており、この中には滞在を義務とされていた常に迫害される運命にあるユダヤ人がいたため、この宿は城壁の外にあるということで彼らをより安易にコントロール下におくと同時に保護するという意味で理想的な場所でした。

15世紀半ばまでは宿から数歩のところに外国人、宿屋、売春婦のための手形監督オフィスがありました。

16世紀、17世紀の宿屋への通知においてユダヤ人に対してボローニャへの立ち寄りをカペッロ ロッソホテルに限り3日以下での滞在を命じていたことがわかります。このようにすることで犯罪者であるかのように彼らの動きを慎重かつ効果的に監視する事が容易であったことでしょう。
残念なことにその当時は宗教に対する不寛容には根深いものがありました。

聖ペトロニオ大聖堂は14世紀に構築し始められましたが、ローマの聖ピエトロ大聖堂のサイズを超えない様、この有名な教会は15世紀に未完成のまま残りました。Mitelliの居酒屋めぐりのゲームの中で枢機卿Albornozは宿屋の屋号としてあの特別な枢機卿の帽子を与えたと語られています。実際、この屋号は大聖堂の建設に当たる建築家やアーティストの宿を記すものでした。

1464年にホテルを囲む建物はボローニャ大学の著名な法学部教授であるAndrea Barbozza により買収されました。彼はパレルモを起源とする貴族で後に元老院議員を輩出するまでになる由緒ある家系の誕生の地になった二つの塔の下、ボローニャに移住しました。
建物の販売価格はミラノ公爵によって鋳造された大型銀貨である1706 ピッキオーニ/ペジョーニでした。

公証人Giacomo Mangini の証書には、この建物は居酒屋宿カペッロと3つの店舗によって占有されていたとあります。 1497年にそのうちの2軒と"医者"の看板を掲げる隣接する薬剤局までが火災の影響を受けました。

その店は一般的に薬剤局"Mondino"として知られており、ボローニャで最初に開かれた薬剤局の中の一つであり解剖学の父の一人である著名な医者、Mondino de’ Liuzziの家系に属していました。
1467年Andrea Barbazza はホテル カペッロを宿屋の主人のBertucciniに年間110ボロネーゼリラで賃貸しました。

17世紀年代記には、カペッロ ロッソはボローニャに於ける優秀な宿屋として記されており、その後の様々な移り変わりにも関わらず(1752年のMitelliによる居酒屋や宿屋の記録に残るものは2軒のみ)Fusari通りのこのホテルはボローニャで最も歴史のあり知名度のあるホテルとして現在も確固として健在しています。1770年に当時のマネージャーであったとあるZecchiがレストランと融合したことは重要な事業拡大となりました。

そこではヤマウズラの料理がMitelli のゲームの中でお勧め料理41番に記されているように狩猟料理が有名でした。

1850年の地図をベースに再現した街の風景によると宿の入り口の横にMitelliお勧めの美味しいヤマウズラ料理を味わえる居酒屋すなわち本格的なトラットリアとなった店舗が示されます。

19世紀の後半にホテルはAlfonso Cappelliとその息子により経営され、完全に改装されました。 19世紀と20世紀に登場した広告では、“カペッロの歴史あるそしてモダンなレストランホテル”の口ひげをはやした血色の良い主の顔を写し、宿泊客に1,50 リラから電気、電話、ヒーター、トイレ、及びシャワー、当時としては全て最新で快適な設備を備えたエレガントな客室を提供していました。

更には宴会や結婚式のサロン、最高の家庭的料理、ロマーニャ州、トスカーナ州、ピエモンテ州そしてソルバーラ地方のランブルスコと言った選りすぐれたワイン等全てを"手頃な価格"で提供していました。

2001年に行った丹念な改修工事のおかげで、ホテルは美、芸術、歴史、そして喜びや楽しみを愛する人にとってボローニャの最高級ホテルの中の一つとなりました。すなわち特権を愛する人のためのホテルです。

Wikipedia

フォトギャラリー