RUPPERT&MULOT ROOM

客室

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

RUPPERT&MULOT ROOM

客室209の主人公は、Ruppert & Mulot(ルパート&ムロー)とアーティスティックな居住空間であり、客室の壁や家具へ実行するアドホック プロジェクトの想定に関与しました。


フランスの新世代のコミック作家の中で最も革新的で爆発的な作家の中に数えられるFlorent Ruppert とJérôme Mulotは、床に描かれた行程に従う事で参加を呼びかけ、デザインとテキストがゲスト/読者に遊び心の共謀を誘う、物語風で刺激的なアプローチを選ぶことにより客室内に一つのストーリー空間を創造しました。

彼らの作品は、グラフィック表現とスクリプトの書き込み双方において、デザインとテキストがゲスト/読者の遊び心の共謀を誘い、サーキットの短いメタ言語を構築する、非構造化された物語風のアプローチを提供しています。

Ruppert & Mullotは印刷されたページから離れ、コミッックのコードへの論議を呼び覚まし、客室の装飾や壁に反対に書かれたフレーズを反映する壁の鏡を利用し、よりプラスティック的な言語に命を与えます。

コミックはダンスの様、踊る為には意味のない動きでも派手な動きでもない、一連の正確な動きを要す。若しくはコミックはゲームの様、勇気と知性を必要とし、常に限界に達しさせる。
この客室は、2012年エディションBilBOlbul、国際コミックフェスティバル期間中にボローニャの音楽博物館に於いてRuppert & MulotのIl Teatrino dell’ebbrezza(酩酊ミニ劇場)の展示会を開催したことにより、同フェスティバルとのコラボレーションから実現され、アーティスト出席の下2011年3月6日にオープンしました。

Florent Ruppert (フローレン ルパート 1979年生まれ) e Jérôme Mulot (ジェロム ムロー 1981年生まれ)はディジョンのÉcole nationale supérieure d’artsに於いて知り合い、2002年よりコラボレーションを始めました。彼らの連載コミックはBile Noire やLe nouveau journal de Judith et Marinetteと言ったマガジンに出版されます。Association出版社のJean-Christophe Menuは、雑誌Ferraille Illustréに掲載されたRuppert & Muloのストーリーに歓喜し、彼らのエディターとして申し入れました。2005年、Safari Monseigneurが出版されRuppert & Mulotを更に広く一般に知らしめました。2007年出版のPanier de Singeはその年のAngoulême フェスティバルでPrix Révélationを受賞しました。2008年にはLe TricheurとSol Carrelusが出版され、一方2009年には、この2人の作家が感動的なストーリーを構成し、並外れの脚本能力を発揮したIrène et les clochardsシリーズの第一巻が出版されました。

フォトギャラリー