BILBOLBUL ROOM 2011

客室

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

BILBOLBUL ROOM 2011

客室109号室は、BilBOlbul、国際コミックフェスティバルとのコラボレーションから生まれ、2011年エディションのデザイナー達が私たちのホスピタリティーに感謝するために残したイスクリプションをコレクションしています。

客室のストーリーとイスクリプションの描写をするなら、それはMarina Girardiがカラフルなポスターペイントにより創造した好感的なモンスターの世界です。

カペッロ ロッソは、ボローニャの中心部に位置し、毎年BilBOlbul、国際コミックフェスティバル時に数人のデザイナーをホストしています。一部の客室は、アーティスト自身により装飾され、またその他の一部はアーティストが残したイスクリプションを展示した客室となります。

そのシリーズ最新の客室の一つで私は部屋の隅々に広がる全ての表面を覆うモックモンスターの大群を描きました。東欧出身のある小太りな女性客室清掃係りの体験をドキュメントしに行った時に彼女はこう叫びました。「ええ、ええそれは驚きでした。」これらのデザインはもうすでに過ぎてしまった楽しい時間を思い出させます。(Marina Girardi).

イスクリプション: Alessandro Tota, Alice Socal, Andrea Poggiaro, Ben Katchor, David B, Davide Toffolo, Edmond Baudoin, Emile Bravo, Fabio Visentin, Francesca Ghermandi, Giulio MacaiOne, Jose Munoz, Laura Scarpa, Luca Schenardi, Mabel Morri, Mariana Chiesa, Massimo Fenati, Michelangelo Setola, Onofrio Catacchio, Otto Gabos, Paolo Parisi, Paper Resistance, Sara Colaone, Vanna Vinci.

Marina Girardi (マリア ジラルディ) は1979年 ベッルーノ州に生まれました。
彼女はボローニャのAccademia di Belle Arti でコミックとイラストのコースを修了しました。2008年にはラヴェンナのリアリティコミックの国際フェスティバルでコミッック本 Kurden People のプロジェクトで受賞し、これを2009年Comma 22 出版社から出版しました。同出版社より2010年にはAppenninoをも出版しています。また最近では、コミック作家やイラストレーターが構図やマイグレーションを再デザインするプロジェクト”La costituzione illustrata"(イラストの構成)の"A story for history"(歴史の為の一つのストーリー) に参加しました。
彼女のデザインはTiamottì  – コミッック化したイタリアの11の楽曲(2010 年Arcana 出版社)、雑誌Illywords 、Alice Baum, GilletteとSelf comicsに登場しています。またAìsara 出版社(Cagliari)のYakamozシリーズの表紙をもデザインしています。
10年来在住のボローニャでは、アルハンブラというバンドでボーカルを務め、ストリート画家として働き、また子供や若者たちの為のコミックのワークショップも行っています。

フォトギャラリー