LETTERA 305 TYPEWRITING ROOM

客室

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

LETTERA 305 TYPEWRITING ROOM

TYPEWRITING ROOM LETTERA 305(タイプライティング ルーム レッテラ 305)は、前世紀に「書き込み」の概念に革命をもたらしたオブジェクトアイコンであるタイプライターに敬意を表しています。壁の上に広がる黒と赤のバンドはインクリボンを参照しており、部屋の名前は有名なタイプライター、オリベッティの“Lettera 22” を考慮しています。天井にある巨大なキーボードを通してお客様は快適にベッドに横たわったまま架空の手紙を書くことが出来ます。この客室にはEttore Sottsassがデザインした明るい赤色のポータル タイプライター “Valentine”とその取扱説明書、そしてFranco Potenzaの音楽に伴われ作家Mario Soldati によって読まれた“Lettera 22” の説明と速記レッスンのディスクという2つの希少なオブジェクトを含みます。

フォトギャラリー