AMADORI ROOM

客室

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

AMADORI ROOM

Amadori Room 310(アマドーリ ルーム 310)は、市立劇場のバイオリニストであり、画家であり、彫刻家であり、風刺画家であるEugenio Amadoriに捧げられています。

この真紅の客室は、有名な音楽家やオーケストラ指揮者を描いた素晴らしい似顔絵のコレクションを通して、マスター アマドーリに敬意を表しています。これらの似顔絵はユーモアと内観的なウイットの狭間にあり、人の根本的なポーズの特性と最も顕著なパーソナリティーの特徴を捉えるという彼の革新的な能力を強調するものです。これは彼には多くの人が見えない物が見えて、それを他の全ての人に見えるよう出来るという才能です。

また芸術家の精神からバイオリニストの魂を分別する繊細なラインを引く事は困難なので、バッハのシャコンヌのスコアで彼の似顔絵を縁取る事を選びました。

この客室は、1968年Tamariが出版したボリューム“Musicisti visti da E. Amadori”(E. アマドーリから見た音楽家)の内容を利用し、2010年のボローニャ市立劇場財団とのコラボレーションから実現されました。

EUGENIO AMADORI (エウジェニオ アマドーリ)、オーケストラ学識者、第一バイオリン、第四奏者。これがボローニャ市立劇場での彼のスケールへの描写です。

しかし彼の芸術への興味はペンタグラムでは終わりはせず、似顔絵を描く事は趣味に留まらず、彼にとってそれは芸術的なコミットメントで音楽に対する愛と同様の物をそれに捧げています。

彼のオーケストラでのポジションは指揮者のキャラクターを良く知り、グラフィックで表現するのに理想的であったと言えるでしょう。事実、我々は指揮者の背中や演奏の後の満足した顔にはなじみがありますが、パフォーマンスにのみ伴う無数に現れる顔の表情を殆ど見る事がありません。アマドーリは私たちに被写体のキャラクターの別の側面を見る機会を与え、明らかにします。そしてこの理想的な機会に私たちは最も著名な指揮者や音楽家の素顔を見る事が出来ます。エウジェニオ アマドーリは過去20年間に於いて最も偉大な指揮者たちに伴なられ、オーケストラのファイルから抜け出しソリストとして公衆に現れます。目によって聞かれ、決して退屈しないオリジナルなコンサートへと。少なくとも私にとっては何度も見直した彼の似顔絵は常に興味と喜びの改革でした。もちろんアンコールは絶対不可欠。(M° Carlo Maria Badini, ボリュームのイントロダクションより)

フォトギャラリー