INTO THE GARDEN

客室

ご予約

ecofriendly differently abled pet gluten intolerance

INTO THE GARDEN

Alessandro Baroncianiの庭で


客室309号室の主人公はAlessandro Baroncianiとアーティスティックな居住空間 であり、客室の壁や家具へ実行するアドホック プロジェクトの想定に関与しました。

Alessandro Baroncianiはこの白黒で描かれた庭園のアイデアのインスピレーションを、現在の音楽博物館であるボローニャのSanguinetti宮殿の「Boscarecciaサロン」から受けました。このアーティストが2013年のRewindの展示会の準備中にこの機関とコラボレーションする喜びを得たことによります。

「ガーデニング」の仕事は4日間のフェスティバルの期間中に展開し、客室の一つを正にアーティストの居住空間であり、芸術作品へと変換し、直ちにホテルのテーマ客室の「コレクション」に加えられました。

この客室は、BilBOlbul、国際コミック フェスティバルとのコラボレーションにより実現され、2013年2月24日にアーティスト出席の下オープンしました。

Alessandro Baronciani(アレッサンドロ バロンチャーニ)はペザロに生まれ、ミラノとペザロをまたいで在住、活動しています。彼はアートディレクターであり、イラストレーターであり、また広告代理店や出版社にとってはコミッック作家でもあります。Baustelle、Tre allegri ragazzi morti、Bugo、Perturbazione等、多くのパンクバンドやその他のバンドのアルバムカバーを描いたことにより独立してグラフィックデザイナーとして良く知られています。コミックは3冊ほどあり、Una storia a fumetti(漫画物語)は定期購読者が各自の物語の主人公になれるという郵便局からの定期購読者のみに実験的に自主販売したマガジンであり、その他にQuando tutto diventò blu(全てが青になった時)とLe ragazze nello studio di Munari(ムナーリ スタジオの女子)があり、これはRepubblica XLの新聞読者により与えられる賞を含む様々な賞を受賞した作品であり世界で最も重要なクリエーティブなデザイナーの一人であるBruno Munari(ブルーノ ムラーニ)に捧げられた映画からの引用を用いたラブストーリーです。

フォトギャラリー